ブログ

Photoshopで手戻りに強いPSDにする4つの非破壊編集

Photoshopでの作業の際、具合を変えるのに作業を随分手戻りさせるはめに・・・
なんてこと、結構ありますよね。

今回は特にPhotoshop初心者の方に是非知っておいてほしい、手戻りに強いPhotoshopの使い方をご紹介します。

‐‐目次‐‐
・画像編集とは破壊的な行為
・非破壊編集で基本となる『スマートオブジェクト』
・フィルターやエフェクトで破壊させない『スマートフィルター』
・色調補正で破壊させない『調整レイヤー』
・画像の切り抜きや削除で直接画像を破壊しない『レイヤーマスク』

画像編集とは破壊的な行為

まず初めに知っておいてほしい事として、
画像の編集は、印刷された写真に直接塗ったり書いたり切ったり貼ったりしている行為と同じようなものだということです。

当然このようなことをしたら元に戻すのは困難ですよね。
これと同じような事をデジタル画像の編集でも行っているんです。

デジタル画像の編集とは、言い換えれば『元のデータを破壊している』ということに他なりません。

例えば画像に落書きをした場合。

落書きをした場所のピクセルは色データを別の色データに上書きしているので、作業履歴を戻さない限り元には戻せません。
つまり元のデータを破壊しているということです。

例えば写真を明るくした場合。

明るくなって白くなるという事は色情報が飛んで階調が失われているので、これもやはり元のデータを破壊する行為です。
当然失われた色は戻りません。

しらいし

たとえ写真をよりよく見せるために行っていても破壊的なんですよね

ですが、Photoshopにはデータを破壊しない編集を行う機能が備わっています。
それらの非破壊的な機能を駆使していけば、作業を戻さずいつでも効果の掛かり具合を変えたり、色調を変更したりと、手戻りに強いPSDファイルとなるので作業が捗ります。

それではさっそく、まるで魔法のような非破壊的な機能を見て行きましょう。

次は非破壊編集で基本となる『スマートオブジェクト』

ページ: 1 2 3 4 5